2008年08月07日

ギターのチューニング表(wikiより引用)

D-G-D-G-B-D
オープンGチューニングの典型。ブルースやスライドギターでよく使われる。ローリング・ストーンズのキース・リチャーズは、このチューニングから6弦を外して5本弦でプレイし、多くの名曲を生み出した。

E-B-E-G#-B-E
オープンEチューニングの典型。

D-A-D-F#-A-D
オープンDチューニングの典型。いずれもロック、ブルース、フォーク系で使われることが多い。

D#-G#-C#-F#-A#-D#
ハーフステップダウン・チューニング、全弦半音下げ。ロックでは頻繁に用いられる。全ての弦を半音下げたチューニング。シャープやフラットが5個以上の調の曲で使われる場合が多い(全て1音下げると、ホールステップダウン・チューニング(全弦全音下げ)と呼ばれる。以下、全弦一音半下げ、二音下げ、二音半下げ・・・と続くが、一音下げ以降は、デスメタルなどの一部のジャンルにしかみられない)。

D-A-D-G-B-E
ドロップDチューニング。フォークでよく使われる。1--5弦はスタンダードチューニングで、6弦(最低音弦)のみ、1音下げてD音となっている。クラシックギターにおいてもニ長調の曲などでよく用いられるチューニングである。

D-A-D-G-A-D
特殊なチューニングながら、一部では多用されている。その弦の音程から、「ダドガッド・チューニング」などと呼ばれる。レッド・ツェッペリンの「カシミール」がダドガッドの代表的な楽曲。

その他、各コードに合わせたチューニングやそれらを組み合わせたバリエーションもあり、独自のチューニングを用いて演奏するミュージシャンも少なくない。スラックキーギターでは、ミュージシャンごとにチューニングが違うと言われるほどである。またスティール・ギターでは、長和音ではないAm、EmやC6などのオープン・チューニングも多い。
posted by pro at 05:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。